投資用マンション物件の売却時の準備方法や疑問点について紹介します

売却時に行う準備とは

マンション

投資用マンションの売却の経験をする人は多くないため、初めてだとどのような準備をすれば分からないかもしれません。まずは投資用マンションを売却の動機を整理してみることから始めると良いです。何故ならマンション売却の手続きは何かとストレスが多いため、動機をしっかりさせることで迷いを断ち切ることができるからです。動機をはっきりさせることができたら、不動産会社に査定してもらいます。そして査定と同時に、必要書類を準備しておくと良いでしょう。権利済証もしくは登記情報識別通知と言われる書類や、マンション購入時の売買契約書・重要事項説明書などを揃えておきます。そして査定額を出してもらい、納得いく金額が提示されれば、いよいよ媒介契約を結ぶことになります。

マンションの査定はどうやって行うのか

貯金箱

査定とは、不動産会社が対象となる投資用マンション物件の価格を算出することです。世の中には様々な不動産会社がありますが、多くの企業ではそれまでに積み重ねてきた豊富な事例をもとに査定価格を算出しています。また不動産会社によって独自の査定価格システムや、直近の市場動向をもとにして適切な査定価格を算出します。ところで、投資用マンションの査定には売却査定と買取査定の2種類が存在します。売却査定は、できるだけ高く投資用マンションを売りたい人や、急いで売却する必要がない人向けの方法です。一方買取査定は、できるだけ早く現金が欲しい人や、面倒な手続きはできるだけしたくない人向きです。また場合によっては、売却査定と買取査定の両方を行って価格を見比べることも可能です。

査定額でないと販売はできないのか

男性

売却査定にしろ買取査定にしろ、投資用マンションの査定をしてもらえば価格がつくことになります。そこで気になるのが、査定で出た価格で必ず販売しなければならないのかという点です。一般的には必ずしも、査定価格で販売活動を行う必要はありません。そのため、投資用マンションの査定価格が出たからといって、慌てて売却することはないので安心できます。もし売却を急かす不動産会社であれば、その会社は注意しなければなりません。しかし査定価格と実際の売り出し価格の差が大きいと、成約までの期間が長期化するリスクが存在します。そのため不動産会社が出した査定結果と、オーナー個々の事情を踏まえて、販売価格を決定する会社の方が安心できます。また不動産会社によってはメールや電話のやり取りのみで、査定を受け付けているところがあります。無料で査定を行ってくれる不動産会社が多いので、とりあえず価格を知ってから売却を考えたいという人にはおすすめです。

広告募集中